FC2ブログ
ドラマティックゲーム
現在はイースオンラインのプレイ日記、ちょこっと日々の活動を書いてたりします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英雄伝説-第2期ガガーブトリロジー編
今日は、第2期ガガーブトリロジー編について紹介してみようと思う。
相変わらずwikiをまるう(ry とか言わないようにm9( ̄┐ ̄)

第1期 イセルハーサ編については、先日に書いてある「英雄伝説のなりたち」を見てくれ。

第2期の英雄伝説のゲームは「英雄伝説III「白き魔女」「)、『英雄伝説IV「朱紅い雫」「英雄伝説V「海の檻歌」の3作だ。

以下wikiより抜粋

『英伝シリーズ』の第2期にあたり、第1期である『イセルハーサ編』とは世界設定を共有せず、異なる世界に舞台を移している。互いに隣接しながらも「ガガーブ」と「大蛇の背骨」と呼ばれる険しい環境によって完全に分断・隔絶された3つ世界がシリーズ作品それぞれの舞台となっている。

世界設定を共有しながらも3作はそれぞれに独立した話となっており、特に『III』と『IV』は直接的な関連性は薄い。ただし作品を越えたつながりも存在し、完結編である『V』によって3作の関連性が密接な物となっている事が理解できるようになっている。なお、最終ダンジョンで、主人公を助ける為にそれまでの仲間達が駆けつけるシーンは、シリーズの定番演出となっている。

なお『ガガーブトリロジー』と言う名称は『新・英雄伝説III「白き魔女」』として『III』がリメイクされた際が初出であり、『III』・『IV』のオリジナルであるPC-9800シリーズ (PC98) の時代には使用されていない。

それぞれのタイトルに因み、『白き魔女』は白、『朱紅い雫』は赤、『海の檻歌』は青をイメージカラーとしてトリコロールを形成している。


リメイク
『III』と『IV』は PC98 向けにオリジナルとして販売され、後にWindows (Win) 向けにリメイクされている。この為PC98版を「旧」、Win版を「新」として区別がなされる。なお『V』はオリジナルがそもそもWin向けであり、PC98版やファルコム自身によるリメイクは存在しない。

『III』のリメイクは変更点が戦闘システムに集中しており全体としてはあまり大きな変更がなかったのに対し、『IV』のリメイクはシステム・ストーリーともに大きな改変が加わっており全く別のゲームと呼べる程の違いがある。リメイク以前は独自であった『IV』のゲームシステムは、このリメイクによって『III』・『V』に合わせた物に変更されており、世界設定においても『ガガーブトリロジー』としての統一性が高められている。

オリジナルは当然ながら『III』(旧)→『IV』(旧)→『V』の順番で発売されているが、Win版に限れば『III』(新)→『V』→『IV』(新)の順番での発売となっている。この為Win版のゲームシステムも『III』→『V』→『IV』の順で発展を遂げている。


世界設定
南北に走る大地の割れ目「ガガーブ」とその南を東西に走る険しい大山脈「大蛇の背骨」によって3作の舞台は完全に隔絶されている。それぞれの舞台は『III』がガガーブの東側のティラスイール、『IV』がガガーブの西側のエル・フィルディン、『V』が大蛇の背骨の南側のヴェルトルーナとなっている。

いずれの世界もガガーブと大蛇の背骨を乗り越える技術はないため互いの交流はないが、全ての世界において「ガガーブが出来た年」を元年とする「ガガーブ暦」が使われている。時代設定は『IV』→『V』→『III』の順であり、それぞれガガーブ歴936年・943年・992年となっている。


ここでわしが一番面白かったと思うのは「白き魔女」だろうか。
AIによる自動戦闘は当時は新鮮だった。

一度倒したモンスターは出現しないとかね。もちろんレベル上げのために無限出現する場所もあったが、レベル上げ自体は自分で操作するわけではなかったので退屈だった。ただ、シナリオは優秀で次の展開はワクワクしながらみてた気がする。

最後のボス戦で20回ぐらい、やりなおした記憶があるんだけどな。。(吐血


ガガーブ編では、この「白き魔女」が最優秀ではないかと思う。シナリオについてとかだが、戦闘システムのAIはちょっとあれだったが、キャラの行動によってパターンが決まるというのは育成好きにはたまらんかもしれんな。



「朱紅の雫」は、確かに面白かったし、白き魔女での戦闘システムも継承してたと記憶してる。
ただ、ちょっと難度が高くて進むシナリオのクエストで何度かつままづいた気がした。クエストをしてないと全く進めず戻れもせずとか・・そこらは不親切な作りだったな。という事で朱紅の雫はあまりいい思い出が無い(ぇ



「海の檻歌」はわしは記憶が飛んでるので、知ってる人はちょっびっとコメに書いてもらえると嬉しかったりする。



さくっと、ガガーブ編はここで終わりだ(ぉぃ

たしか、アマゾンにレポートもあったと思うのでクリックして飛んでくれ。

では、涙が枯れない事を祈って グッバイ

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://dramaticgame.blog20.fc2.com/tb.php/13-094ed78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。